読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともちゃんの美味しい夕食

「安く、美味しく、健康に」をテーマに、40代旦那のともちゃんと奥様が、美味しい手作り夕食を紹介します。

2017/01/29の昼食

今日は、久々にお好み焼きを作ることにしました。ともちゃんが作りました。

f:id:TOMOYASU:20170129162921j:image

ともちゃんは、お好み焼きは、何度も作っています。ともちゃんのこだわりは、「オタフクのお好み焼き」でお好み焼きを作ることです。「オタフクのお好み焼き」は、ふっくら焼けて、味も美味しいで、少々値段が高くても指名買いします。もっとお得な粉も売っていますが、どうやっても「オタフクのお好み焼き」の味を越えられないです。本来、お好み焼きは安く作るべきという持論がありましたが、過去一度も安いお好み焼きの粉で「オタフクのお好み焼き」出せませんでした。ちなみに「オタフクのお好み焼き」は、2人前×2セット入っています。上の写真は、2人前の写真になります。簡単に作り方を説明したいと思います。

f:id:TOMOYASU:20170129162934j:image

水160ccを入れたボールに、お好み焼きの粉と山芋パウダーを入れます。玉子2個と付属の天かすを入れ、粗みじん切りしたキャベツやネギを入れます。

f:id:TOMOYASU:20170129162943j:image

お好み焼き2人前で、キャベツが半個分(300g)入ります。ここでポイントですが、キャベツは量りで分量をきっちり量ることです。特にキャベツを分量以上に入れてしまうと、つなぎが弱くなるので、お好み焼きを焼いてひっくり返す時に、うまくひっくり返すことが出来ません。ひっくり返そうとすると、お好み焼きが割れ、崩れてぐしゃぐしゃになり、悲惨な状態になります。

f:id:TOMOYASU:20170129162956j:image

お好み焼きの種の半分(1人前分)をフライパンに入れ、上から豚バラ肉を乗せます。ここでのポイントもあります。「豚バラ肉」を使うということです。豚コマや豚もも、豚ロース肉を使うと、美味しく出来ません。理由は、次の工程で分かることになります。

f:id:TOMOYASU:20170129163006j:image

中火(200度)で3分焼いたら、お好み焼きをひっくり返します。ふたをして中強火(240度)で5分蒸らし焼きをします。ここで、豚バラ肉が下になり、5分後にカリカリに焼けます。この豚肉がサクサクした食感で美味しいのです。豚バラ肉以外のお肉では、美味しくはなりません。

f:id:TOMOYASU:20170129163017j:image

蒸らし焼きが終わったら、ふたを外して再びひっくり返し、中強火(240度)で2分焼き、水分を飛ばしたら完成です。豚バラ肉もカリカリに焼けて、いい感じに仕上がっています。

f:id:TOMOYASU:20170129163030j:image

美味しく焼けました。お好み焼きを焼く時間も重要です。焼く時間が短いと、中まで火が通らないし、焼く時間が長いと、中の水分が抜けすぎて、パサパサしたお好み焼きになります。

f:id:TOMOYASU:20170129163042j:image

ソース、鰹節、付属の青のりを振りかけて完成です。こちらで1人前です。

f:id:TOMOYASU:20170129163051j:image

豚バラがサクサク、中はトロッとして、美味しいお好み焼きでした。やっぱり「オタフクのお好み焼き」は美味しいですね。キャベツは奥様の実家から頂いたキャベツを使っています。今回で使い切りました。お好み焼きは1人前で400円くらい食材費がかかっています。お好み焼きに関しては、せっかく食べるなら、美味しいほうが良いと思っているので、食材費が多少かかるのを納得の上で作っています。ちょっとリッチなお好み焼きでしたが、美味しくいただきました。久しぶりのお好み焼き、大満足でした。

料理本ランキング(楽天ブックス)